カプセルとコップ

これでかなりお得

たくさんの薬

今後あなたもテノーミンを検討していくなら、まずはインデラルから試していくという手もあります。
インデラルはテノーミンと比べて作用時間が短めになっており、さらに調整が簡単なのでおすすめです。
テノーミンは長時間ずっと薬の効き目が欲しいという人に使ってもらいたい薬なので、使ったことがない人はインデラルを一度試してみるのがいいでしょう。

そしてその上でテノーミンを使おうとするなら、あえてテノーミンそのものを使うのではなくテノーミンのジェネリック医薬品を使うという手があります。
ジェネリック医薬品というのは先発医薬品から作られた後発医薬品で、先発医薬品に含まれる成分とその量を完全にそのまま使っているのでまったく同じ効果が期待できます。

さらにジェネリック医薬品は先発医薬品よりもはるかにコストが低く作られています。
つまり販売価格が圧倒的に抑えられています。
だからテノーミンを買うよりも、テノーミンのジェネリック医薬品を買った方がお得な買い物ができるということです。

ちなみにテノーミンのジェネリック医薬品にはアルセノールやテノミロールにアテノロールといった名前の種類があります。
それぞれ1錠につき25ミリグラムで5.8円、50ミリグラムで5.9円ほどになるので、相当安く手に入れることが可能です。
これならお財布のことをあまり考えなくても、気軽に買えると思います。

なおテノーミンを含むそれぞれの薬は、基本的には市販されておりません。
そのため、病院で医師から処方してもらう形となります。
ただ最近では通販サイトでも買えるようになっているので、興味があればそちらも検討してみてください。